読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

dance


踊る君
皆の注目を集めてる

君は僕を見る
一緒に踊ろうと呼んでいる

とんでもない
僕は踊れないよ

踊りも知らないし
そんな度胸もない

君は僕のところにやってきて
僕の手を引っ張る

やめてよ
みんな見てるじゃないか

君はかまわず僕の手を引っ張る
僕の手を取り踊り出す

君の胸からいい香りがする
僕は恥ずかしさと情けなさでうつむく

君は僕の耳元でこうささやいた

目をつぶって
そして私と一つになることだけを考えて

そう言って彼女は僕に身をよせ
僕の手を強く握った

僕は言われた通りに目を閉じて
彼女とひとつに溶け込んだ

くる くる くる くる
空がまわり 
そのまま宙に溶けていく

くる くる くる くる
暗闇で
君の香りが目印だ

突然あかりが差し込んで
大きな音が聞こえてきた

彼女はほおを紅潮させ
楽しそうに笑っている

また踊ろうね
彼女の香りが伝えている

一緒に踊ろうね
彼女の香りが踊ってた