読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生きる


牛が運ばれていく

牛は何のために生まれてきたのか
乳を飲ますために生まれてきたのか
肉を提供するために生まれてきたのか

鶏は何のために生まれてきたのか
卵を産むために生まれてきたのか
肉を食らわすために生まれてきたのか

僕は何のために生まれてきたのか
牛乳を飲むために
卵を食べるために
肉を食べるために
生まれてきたのか

そんなに偉いのか
いったい僕は何ができるというのか
誰かを生かすことができるのか
牛や鶏のように

僕は生きるために生まれてきた
だから
牛だって鶏だって
乳だって卵だって
食べる
そして
生きる
それが僕が生きるということ

偉くなんかない
生かしてもらっているだけ
だから
僕は生きる
精一杯生きる

それでいいじゃないか