読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヒーロー


ヒーロー
僕はヒーローになりたかった

 

どんなヒーローでもいい
みんなに喝采をあびるスーパースター

 

いつも思ってた
いつかなれると思ってた

 

いつからだろう
僕には無縁の世界だとわかったのは

 

でも僕は勘違いしていた
ヒーローが何か知らなかった

 

僕の思っていたヒーローだけが
ヒーロではなかった

 

みんなに喝采をあびる必要なんてない
たった一人の喝采
それもヒーロー

 

だから
何をするか

 

誰に対して
何をなし得るか

 

それが
大事で大切なこと

 

キングやレジェンドなんて呼ばてなくていい
僕は誰かのヒーローになれればいい

 

それが僕の望み
何処かの誰かが幸せになれればいい

 

僕は何処かの誰か
誰かにとってのヒーローになりたい

 

それが僕にとっての
ヒーロー