読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

like a rolling stone


夜道を一人で歩いていると
向こうから
長い髪の女が歩いてきた
楽しそうに
鼻歌を歌い
買い物袋を縦に揺らして
僕の横を通り過ぎていった

夜道を一人で歩いていると
向こうから
酔っ払いが歩いてきた
険しい顔をして
ブツブツと
独り言を言って
僕の方によろけてぶつかった

夜道を一人で歩いていると
カラスが空からやってきて
僕の前に舞い降りて
まっすぐ僕を見つめて
僕のことを凝視して
大きく翼を広げて
僕の肩をかすめて行ってしまった

何やってんだ
そんなカラスの目だった
よく考えたら
あの髪の長い女も
酩酊した酔っ払いも
何やってんだ
そんな目で僕を見ていた

そんなことに気がついた
僕は
何もなかったから
何もなく歩いていただけだから
石ころと一緒
転がる石と一緒
石なんてないのに

なぜ
それが
みんなに
わかってしまうのだろう
僕が
何も
ないことを

like a rolling stone
そんなかっこいいもんじゃない
僕も
鼻歌を歌おう
酔っ払って幸せなふりをしよう
鳥のように大空を飛べるふりをしよう
僕は生きているんだから

like a rolling stone
そんなもんになるもんか
僕が石ころを転がすんだ
僕が世界を動かすんだ
僕が幸せをつかさどるんだ
お前なんかに負けない
絶対に負けやしない

僕は知っている
ほんとは勝ち負けなんて関係ない
知っている
僕は
だから
負けない
僕は自分の意思で歩く
歩き続ける

だから
like a rolling stone
そんなもんになるもんか
絶対
そんなもんになるもんか