読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

翔んだカップル


素敵な服だね
かわいい
どこで買ったの
無粋なこと聞くね
似合うか似合わないか
それだけよ

彼女は言った

似合う
つまり
自分がわかっているっていうこと
自分を客観的に見ることができているということ
その結果が似合うということよ

彼女は続けた

着ている服も含めて私なの
だから褒められて嬉しいわ
でも勘違いしないでね
服だけを褒めないで
この服を着ている私を褒めてちょうだい

僕は言った

そうだよね
そうなんだよね
あのさ
そんなこと知ってるよ
それを知ってる僕だよ
信じてよ
僕は君を知ってるんだから

素敵な君

そんなこと言えるわけがない
でも言うよ
素敵な服だね
かわいい
もちろん君さ
君の全部が好きさ
だって
素敵なんだもの

だけど言わないよ

言えないよ
そんなこと
言わなくてもわかってよ
言霊だって?
また難しいことをいうな
わかった
わかったよ
言うよ

似合ってるねその服
君らしい
本当かわいい
服じゃないよ
君のこと
本当さ
その服を選んだ君が好き

僕の好きなもの
それは
君のこころ
いいだろ
素敵な二人
そうさ
僕らは
お似合いのカップルさ