月明かり


僕らは月明かりに照らされていた
彼女の顔は白く
その体は透き通っているかのようだったけど
青白い
青白い炎を発しているかのようだった

僕らは抱き合い
いつまでもその場にいた
まるで蛸のように
お互いの足が自分の足が
絡み合って一つの生物であるかのように

月明かりは
そんな僕らを照らし続けていた
月明かりがなければ
ここは深海のよう
誰も僕らに気がつくことはできない

月明かりの中
ダンスを踊る
生きていることに
喜びを分かち合い
青白い炎の薪になる

月明かりを
僕や僕らは
僕らのためと思っているけど
実は月のためで
月が僕らの輝きを求めている

それは月が生きて行くために必要なものだから
僕らと一緒
それが自然
僕らは生きている
一緒に生きている
 

 

広告を非表示にする