灯台


僕は灯台が好きだ
港や岬の突端で
絶えず灯をともし
真っ暗な闇夜
大海原を行き交う僕らを
導いてくれる灯台

昼間見る灯台
どこか寂しげだ
周りには何もなく
草も生えていたりして
ポツンと佇み
じっとその時を待っている

そんな灯台
夜になると強烈な光を発し
僕らを導き出す
すごい嵐の日だって
霧深い闇夜だって
誰もが不安になる時だって

その光は僕らを勇気付け
安心させて
大丈夫だから
いつでも帰っておいで
大丈夫だから
いつもみてるから

そんな灯台に僕もなりたい
そんな存在に僕もなりたい
僕の灯台
君や僕ら
そして僕自身のための
そんな灯台に僕はなりたい

 

広告を非表示にする