木もれ陽の中を歩いていたら

まるで森が生きているように感じて

僕も生きているから

一緒だ

そう思ったら

僕らは一つになっていた

 

暖かくて

涼しくて

清々しくて

それはそれは

幸せな気持ちで一杯になって

昔からそうだったな

 

そんなんことに気づいて

緑の匂い

土の香り

小川の気配

生き物の鼓動

すべてが一つになっていた

 

誰かが僕の名前を読んでいる

帰らなきゃ

そう思ったら

僕は小道に佇むひとりの人間となり

僕を呼ぶ声に振り返った

僕はひとりじゃなかった

 

それに気がついた僕に

森のみんなが笑っていた

まだ早い

そう言って

手を振っていたから

僕も笑って手を振った

広告を非表示にする