泣いていた

 

泣き虫だった

僕はいつも泣いていた

 

悲しいときだけでなく

 

不安な時

寂しい時

 

泣いていた

僕はいつも泣いていた

 

そんな僕は

 

自分が恥ずかしくて

仕方がなかった

 

いつからだろう

僕は泣かなくなった

 

僕は強くなったのか

 

不安なことがなくなったのか

寂しいことがなくなったのか

 

いつからだろう

あんなに泣いていたのに

 

僕は忘れていた

 

不安なこと

寂しいこと

 

僕は誤魔化していた

 

気づかないふりをしていた

鈍感さを装っていた

 

恥ずかしいから

みっともないから

大人だから

 

泣き虫だった

僕は純粋だった

 

汚れちまった

そう咏った人がいる

 

汚れちまった

僕は汚れちまった

 

泣き虫だった

もう泣くことはない

 

汚れちまった

僕は汚れちまった

 

広告を非表示にする