読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もしもギターが弾けたなら


もしもピアノが弾けたなら
そんな歌があったけ

もしもギターが弾けたなら
僕は大スター
そんな気分で大はしゃぎ

舞台の上に上がってさ
みんなの注目ひとりじめ
文化祭のヒーローさ

だけど そんなのどうでもいい
僕は君に伝えたい
僕が何を思っているのか
僕が何を考えているのか
君に伝えたいことがある

僕は君に詩を書くんだ
とっても素敵な詩を
そして手紙に書いて送るんだ
メールでなんか送るもんか
手書きの便箋したためて
君の家まで届けるよ

だけど本当は歌いたい
僕の詩を歌ってさ
君の前で歌ってさ
僕の心を伝えたい
素敵な曲で伝えたい

うまく歌えるかな
緊張して 声がかすれちゃうかもしれない
でも僕のギターが代わりに言うんだ
僕は君が大好きです
きっと君の心に響くはず

だから
もしもギターが弾けたなら
僕は君の前で
一生懸命書いた詩を
一生懸命歌うんだ
一生懸命伝えるんだ

素敵だろ