読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

地下鉄


地下鉄がホームに入ってくる
たくさんの人が降り
たくさんの人が乗り込む

地下鉄は何事もなかったかのように
たくさんの人を乗せ
たくさんの人を運ぶ

いったいどこへ連れて行くのか
いったいどこへ行きたいのか
誰もそんなこと考えていない

いつものルーティン
決まったことの繰り返し
決まった時間の
決まった電車に乗って
決まった目的地に向かう

地下鉄はどこに行きたいのだろう
地上に出たいのかもしれない
銀河鉄道のように
空を飛びたいのかもしれない
そして
いろんなお客を乗せて
入りんな場所に行きたいんだ

地下鉄に乗って
僕らは
どこにいけるのだろう
いつかは
アンドロメダまで行けるのだろうか

まだ見知らぬ
人と
場所へ
行こう
行けるはず

きみや
僕らの
意思次第
そして地下鉄の
思い次第

まだ見ぬ場所へ
行こう
僕や
僕らは
旅に出なければならない