読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一生


北へ向かう列車に
他に乗客はいなくて
経営は大丈夫なのだろうか
そんな余計なことを思ったり
この列車は空を飛んで
アンドロメダに向かうんじゃないか
そんなバカなことを思ったり
そんなことばかり考えてないで
もっと現実を受け入れろよ
そう思ったりしていた

車掌さんがやってきた
けれど僕には見向きもしないで通り過ぎ
いつまでたってもこの列車には
僕一人
思い返せば
ずっと僕は一人だった
そんなことはない
僕は家族に愛されて育ってきた
いつしか一人になっていただけ

だから
今日も一人
北へ向かう列車に乗って一人
行くあてなんかない
何をしたいわけでもない
誰が待っているわけでもない
そんな僕は
流す涙もとっくに枯れていて
口笛吹いて笑ってた

さあ
行こうかね
そう言って
長い旅に出た人がいた
いつになったら帰ってくるのかな
帰ってこないことをわかっていながら
いつもそんなことを思ってる
海を見て
いつまで海があるのかな
そんなことばっか考えている

思えばいつからなのか
いつからひとりぼっちになってしまったのか
寂しいと思いながら
寂しくないと装いながら
ごまかしながら生き続け
ようやく北へ向かう今日
忘れられた寂しさと
忘れられないこの気持ち
わかっていながら肯定して
明日はいいことあると願う

こんな惨めな僕なのに
いまだ稼ぐあてだけあり
小銭を持って電車に乗って
自分の馬鹿さ加減を笑っては
遠くへ行きなと思っては
枯れた涙を求めてばかり
小さなプライド捨て切れず
バカな齢を重ねてる
いつもの日々を送ってる

さあ
どうするかな
どうもしなくていいよ
尸さ
こんな僕は尸さ
さあ食べてください鳥たちよ
うまいかどうかはしりません
さっさと僕を消してくれ

ああおもしろい
この世の中
こんな僕でもご飯を食べ
ああ美味しいと思っては
いい一日だったと笑ってさ
バカな一生過ごしてる

だけど僕は知っている
こんな素敵な人生ない
こんな素敵な一生ない
知らぬが仏というだろう
お前は知らないだけなんだ
今が最高知らないで
どこかへ行こうと思ってる
どこかへ行けば
最高の
暮らしがあると思ってる

だからお前はバカなのだ
わかった僕もバカなんだ
だったらもっとましなこと
くれてもいいじゃないかしら
誰か僕を助けてよ

助けられてるの知らないで
だからバカだというんだよ
素敵な人生知らないで
知ってるくせに知らないで
この世のアホさを嘆いてる
もったいないねアホみたい
今が最高知らないで
いつまでたっても幸せな
僕の人生今日もあり