読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

寒い


寒い
寒い夜
なんでこんな寒いんだろう
そう思ったけど
寒くて
寒くて
我慢して
夜が明けるのを待った

寒い
何が
そう
僕は知っている
体も寒いけど
心が寒いんだ
だって
夜だけでなく
昼間も同じ
寒いんだもの

寒いって何だろう
どうしたらいいんだろう
温まりたいのかな
それとも
誰かに同情されたいのかな
僕はどっちでもない
寒いのには理由があるから
僕が寒いのには
それなりの理由があるから

春になったら暖かくなるよね
そして
幸せになれるよね
皆そう思う
でもそうなれない人もいる
期待が大きすぎるんだよね
普通でいいじゃないか
そう
普通でいいんだよ

寒い夜
僕は考える
目がさめると
暖かくなるのかと
体は暖かくなるのかもしれない
だけど
心はどうなんだろう
寒い
冷たい
暖かい
暑い
苦しい

僕は思うんだ
幸せんな人生って何だろう
バラ色の人生って何だろう
我慢したご褒美
それなら我慢した日々がもったいない
僕はね
君たちといる日々
それが幸せな日々
バラ色の日々

寒くてもかまうもんか
それは表面的なもの
体が感じること
そうでなくて
僕は
寒い
それは
心が感じること

だから
寒い
それがどうしたっていうんだい
暖かければいいってもんじゃない
寒い
寒さには美しさがある
素晴らしさがある
それに気づくか
気づかないか
それだけ

ただそれだけんなだよ