どこまで

船に乗って
どこまで行けばいいのでしょう
そこには何があるのでしょう

 

僕の欲しいもの
見つけることはできるのでしょうか
でも

 

欲しいものは何でしょう
忘れてしまっただけでしょうか
最初から無いのではないでしょうか

 

船に乗って
大海原を進みます
きっと島が見えてきて

 

僕らの夢が待ってます
だから今日も船をこぎ
前へ前へと進みます

カレーライス

カレーライスを食べていたら
キレンジャーを思い出して
僕もなれるかな
そんなこと思って
変身してみた
へーんしーんって
大きな声で言ってみた
そうしたら
なれたのさ
僕はとっても
とっても美味しい
カレーライスになれたのさ
みんなおいで
一緒に食べよう
暖かくて
優しくて
とっても美味しいカレーライス
さあ
みんなも変身してみようよ
へーんしーんって

チューリップ

チューリップ
ピンと背を伸ばして
大きな葉
まるでドレスのよう
貴婦人
まさにそんな感じ
大きな花びら
どこを向いて咲いているのか
誰のために咲いているのか

 

チューリップ
僕は口に含んで
優しく
やさしく
何かを思い出す
そんなことがあった
一体いつのことだろうか
忘れてしまった
素晴らしい日々

 

チューリップ
あの幼稚園
同じクラスの子供たち
どこにいってしまったのだろう
僕はここにいる
僕はここにいる
いまでも
いつまでも
チューリップとここにいる

サングラス


サングラス
日差しがまぶしいから
カッコいいから
知られたくないから
なぜかける
目が悪いから
人それぞれ
人それぞれだけど
僕は
そのままの景色を見たい
色眼鏡
そんなの嫌だ
だから
僕は見る
見続ける
この世界を
見続ける

 

カッコよさ

カッコ悪い
カッコ悪いなー
もっとカッコよく
カッコよく
なりたいよ

 

なぜ
カッコ悪いか
わかるかい
わかってるかい
知りたいだろ

 

君は何がしたい
何ができる
何をしている
そういうこと
そういうことさ

 

やることやればいい
やることやるだけ
なぜしない
なぜやらない
できないからなのか

 

違うだろう
言い訳はいらない
誤魔化しもいらない
必要なのは
やることやるだけ

 

それだけだよ
楽しいだろ
嬉しいだろ
それだけ
それだけだよ

金髪

髪を染めたんだ
金色
カッコいいだろ
でも
まゆげ
黒いまま
なんかおかしいね
だから染めてみた
眉毛
金色
一緒さ
僕は
別人になっちゃった
でも
僕は外人になりたいわけじゃあない
それなのに
金髪
おかしいよね
そう思ったから
違う色にしてみよう
何色がいいかな
考えて
考えて
白にした
そしてら
なんか落ち着いて
しっくり着て
いつか来る日の僕を見ているようで
ゴールが見えたから
今日を頑張れる
そんなこと思った