読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カエル


オタマジャクシがいる
すいすいと泳ぎまわる
スイカの種みたいなあいつ

足が生え
しっぽがいつの間にかなくなり
スイカの種はカエルになった

こんどは平泳ぎ
長い舌で虫を取り
ケロケロケロと鳴いている

カエルは池を飛び出し
僕らの街にやってきた
不思議そうに辺りを見回し
日差しが強いと参っている

蓮の葉 日傘をかしてやり
タバコを一服すってみな
カエルは足組みしたり顔

そのうち思い出してきて
田んぼの畦道 帰りだし
ケロケロケロと彼女が鳴いて
遅かったじゃないの 言われてみれば
そんなことないよと したり顔

ふたりは卵をたくさん生んで
池にはスイカの種だらけ
スイスイスイと泳いでは
ケロケロケロと鳴いている