読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

またね


ある時彼女が言いました
私のどこが好きですか?

そんなの答えられるわけがない
何言ってんだよとごまかした

それでも彼女は真剣で
僕に対して問い詰めた

僕はそれにも答えずに
会社に出かけて行きました

家に帰ると真っ暗で
彼女の姿はありません

机に一通の手紙があって
彼女の言葉がありました

おかえり さよなら 好きよ
それだけ書いてありました

突然電話がなりました
彼女の実家のお母さん
お花をありがとうと言っていた

僕は突然思い出し
すぐに机を見つめたが
手紙はどこにもありません

ありがとう またね 好きだよ
僕は心の中でつぶやきました