読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すばらしい人生


朝 目が覚めると
背中がムズムズして
おかしいな
そう思って服を脱ぎ
鏡を見ると
羽が生えていた

天使になったのか
死んじゃったのか
そう思ったけど
そんなことはなくて
どうしたらいいのか
わからなくて

羽を動かしてみた
手や足を動かすように
僕の思い通りに動いた
動いた羽を広げようとしたら
部屋の壁にぶつかってしまい
外に出た

誰もいない山の中で
上半身裸になり
思いっきり
羽を広げてみたら
とても大きくて
びっくりした
飛べるのかな

ゆっくり
大きく
羽を動かしてみたら
ものすごい風が巻き起こって
僕は一瞬で空の上に飛び立った
すごいことだ
僕は飛んだ

空の上は
冷たくて
でも
川の流れのように
空気の流れができていて
まるで道のように
進む場所が決まっていた

鳥たちも
自由気ままに飛んでいるようで
実は空の中にある道を
飛んでいた
知らなかった
空にも道があることを
それより
僕が飛べるということを

僕は何か特別な
ものになったかのように
優越感を持って
大空に飛び立ち
世界の特別な存在
になったかのようで
とても誇らしい気持ちになった

変な音がして
次の瞬間
僕は地面に叩きつけられていて
すぐに犬が僕を見つけ出し
それは猟犬で
僕の体には穴が開いていて
血まみれになっていた

銃を持った大人たちがやってきて
笑っていた
僕は人間だよ
羽の生えた
特別な
選ばれた人間だよ
そう言ってみたが

なぜだか言葉にならず
僕は足を掴まれて
大人たちに
ひょいと担がれてしまった
あれ
おかしいな
そう思ったら

大人の目に映った僕が見えて
それはただの一話の鳥で
人間なんかじゃなくて
鉄砲で打たれた
もうすぐ死んじゃう
一話のただの鳥だった

そうか
なんかわかったような気がして
こういうことなんだね
自然とはよくできている
次は何に生まれ変わるのかな
少し楽しみに思いながら
僕は静かに目を閉じた